さくらではたらく。
山下 初子 山下 初子

Q.なぜ、数多くの法人の中から、さくら福祉会を選んだのか?

A.「何か運命めいたものを感じました。」

さくら福祉会に入職する前は、工場で働いていました。工場の仕事にやりがいがなかったわけではありませんが、もっと人と人との関わりが持てる仕事に就きたいなあと思っていました。当時、注目が集まり始めた介護に興味を持ち始めた矢先、私が住んでいる同じ旧松山町内に、さくら福祉会として、初めての事業所となる「特別養護老人ホームさくらホーム」の開所を知りました。

介護の仕事はまさに「人との関わり」であり、ご利用者様を一番に思い仕事をしていくので、今とは違うやりがいをみつけて、さらに自分が育った地元に地域貢献もできると思い応募しました。何か運命めいたものを感じました。

Q.あなたにとってやりがいは何か?

A「「ありがとう」と言ってもらえる事が喜びでやりがいにつながっています。」

今は施設長として、事務的な業務もありますが、ご利用者様と関わるときは、心に余裕を持って接することを心がけています。

日々何気ないことかもしれませんが、声を掛けるとにっこりと笑顔を返してくれるときや、ときに耳掃除をしてほしい、背中をかいてほしいと頼まれると、心を許してくれているなあと感じます。素直にご利用者様が頼りにしてくれることが嬉しいです。ご利用者様と地元の話をしていると、以前からの知り合いのようにみえる、と職員に言われることがあります。ご利用者様の日常に寄り添い、「ありがとう」と言ってもらえる事が喜びでやりがいにつながっています。

Q.プライベートの過ごし方は?

A.「かわいい孫が一番の癒しです」

食べることが好きなので休日は、家族と食事に出掛けるのが楽しみです。食べ放題で美味しいものを沢山食べると、翌日からの元気をチャージできます。最近はコレステロール値やカロリーも気になるところですが、食べた全てのカロリーを仕事で燃焼していますね。(笑)

一番の楽しみは、関東に住む孫二人に会いに行くことです。先日は孫と水族館に行ってきました。水族館に行ったのも何年か振りだったので、私自身わくわくしましたし、孫の喜ぶ姿をみると癒されました。まだ、幼くてかわいい孫の成長をみると、気持ちもリフレッシュできてまた頑張ろうと思います。

Q.思い出に残るエピソード

A.「ご家族様に人生の最期をさくらホームで過ごして良かったと言って頂いたときは、介護という仕事をやっていて良かったなと思いました。」

あるご利用者様は、体に麻痺があり自分で食事をとるのが難しく、食事介助が必要でした。介助をしても、食事がなかなかとれなくなったとき、食べるときの体の角度や体の麻痺の影響がない食べやすい体勢を考え、できるだけ食べたいものを食べてもらいたいと、心も身体も寄り添っての食事介助をしました。

言葉で表現できなくとも、笑顔を見せてくれたときはほっとしました。「ありがとう」と言われている気がしました。その後、看取りとなり、ご家族様に人生の最期をさくらホームで過ごして良かったと言って頂いたときは、介護という仕事をやっていて良かったなと思いました。

Q.どういった施設を目指していますか?

A.「ご利用者様一人ひとりに合った温かい介護、心配りの介護をしてご利用様に寄り添っていきたいですし、そういった介護がいつもできる施設」

さくら福祉会は、サービスの違う事業所が多く、特養、多機能、グループホームと色んな経験をさせてもらいました。勤務した施設それぞれ思い出があります。楽しいことや時に辛いこともあると思いますが、職員には常に平常心でご利用者様と関わってほしいなあと思います。

介護はやり方ひとつを取っても、皆同じようにやればいいということはありません。ご利用者様にとって何が一番かを職員全員で一緒に考え、私もできる限りご利用者様一人ひとりに合った温かい介護、心配りの介護をしてご利用様に寄り添っていきたいですし、そういった介護がいつもできる施設を目指して精進してまいります。

齋藤 敦子 齋藤 敦子

Q.なぜ、数多くの法人の中から、さくら福祉会を選んだのか?

A.「今じゃ、さくら色に染まっています。」

両親が共働きだったため、祖父と祖母が面倒をみてくれました。いわゆるじいちゃん、ばあちゃん子でした。介護の世界を目指した理由は、いつか世話になった祖父、祖母への恩返しをしたいという思いがあったからです。

短大卒業後、県外の福祉専門学校に進学し、卒業と同時に介護福祉士を取得しました。長女ということもあり、住み慣れた地元で就職するつもりでした。就職活動を始めたときに、さくら福祉会の新卒枠の求人と出会い、すぐに応募しました。採用通知をもらったときはとても嬉しかったです。しんどい事もありましたが、楽しい思い出もあります。思い返すと今年で17年目になります。今じゃ、さくら色に染まっています。

Q.あなたにとってやりがいは何か?

A.「「ありがとう。」と言われた時に、すごくやりがいを感じます。」

介護は、目に見える物を売る仕事とは違い、介護サービスという目に見えないサービスを提供する仕事なので、非常にしんどい時もありますが、達成感もあります。

ご利用者様に「ありがとう」と言われ、感謝されたとき、すごくやりがいを感じる瞬間です。また、仕事のモチベーションを保つため、子供の存在は大きいです。自宅に仕事で疲れて帰ってきたとき、子供の寝顔を見ると、なんだかほっとして、明日も頑張ろうと思います。一生懸命に介護をしてきて良かったなあと思います。子供を寝かしつけてくれている夫にも感謝です。

Q.プライベートの過ごし方は?

A.「気分転換に好きな音楽を聴きながらドライブをして、リフレッシュしています。」

一番下の子はまだ7ヶ月ですので、普段は子供たちと過ごす事が多いです。基本的に子供が好きなので、一緒に遊んでいることが多いです。

子供が4人もいるとなかなか自分の時間を作ることは容易でないですが、夫と家事・子守の分担をして、気分転換に好きな音楽を聴きながらドライブをして、リフレッシュしています。

Q.子育てと仕事の両立について

A.「夫だから、頑張れる自分がいます。」

結婚して、子供を授かってから、仕事とプライベートのメリハリに気を遣っています。

介護は突き詰めていくと終わりのない仕事です。時間内に仕事の一定の区切りをつけるよう努力しました。また、職場のみんなのサポートがありがたかったです。1人目から4回の産休・育休を取得し、現在は4回目の育休中で、上は小学生から0歳児まで子育てしています。自分の好きな介護という仕事を続けながら、4人の子育てを実現できているのは、法人による配慮があったと感じています。

4人の子育てという一抹の不安はありましたが、なんとか夫婦ともフルタイムで働くことができています。夫が、元々家事が全部できる人だったんです。私がしつけた訳ではありません(笑)。夜勤や遅番の業務がありましたが、夫が食事の支度や、掃除、洗濯、皿洗いなど家事全般を手伝ってくれるので、なんとか両立ができていると思います。夫だから、頑張れる自分がいます。

Q.夫婦で働くメリット?

A.「“母親”である時間のオンと“女性”である時間のオフ、の切り替えを夫がしてくれています。」

夫と出会ったのは、最初の勤務先のさくらホームです。お互い副主任という立場になり、仕事の相談をするうちに、お付き合いまで発展し、結婚に至りました。

介護についての考え方は、深いところで違いはありますが、お互いの意見を参考にし、認め合っています。良き仕事の理解者であり、互いを分かり合える良きパートナーです(照)。

同じ介護という仕事なので、どういうときに大変なのかがわかるので、私が家事を頑張るから、仕事頑張ってといったように、お互い助け合えています。ついつい子育てに集中しすぎると、“母親”のスイッチを入れっぱなしにしてしまいがちになりますが、夫が“母親”である時間のオンと、“女性”である時間のオフ、のスイッチの切り替えをしてくれています。お互いの仕事を理解し合っているからできることだと思います。