【社会福祉法人さくら福祉会(公式)】山形県で福祉事業を展開

さくら福祉会について

さくら福祉会は 真の地域密着事業を展開します。

理事長挨拶

 社会福祉法人さくら福祉会は、平成7年の設立以来、今年で24年目を迎えました。地域の皆様に必要とされる介護福祉サービスの提供を目的とし、現在では41事業所を展開するに至りました。ご利用者をはじめご家族の皆様、地域の皆様、行政や関係各位のご理解とご協力に改めて厚く御礼申し上げます。

 今後も、刻々と変化する介護福祉ニーズを敏感に捉え、最良のサービスを提供できるよう、日々努力を重ねて参ります。

経営理念

さくら福祉会は、ご利用者がその人らしく生活し、
笑顔で過ごされることをどこまでも支援します。

経営の基本方針

  • ご利用者およびご家族のニーズを的確に把握し、明るく楽しい生活を提供します。
  • いつも敬う心と感謝の気持ち、人権の尊重を持ってサービスを提供します。
  • ご利用者とゆっくり語り合う場を持ち、家庭的な雰囲気のサービスに努めます。
  • ご利用者、ご家族の個人情報を保護し、苦情についても速やかに対応します。
  • 開かれた施設にするため、地域交流や施設の地域開放に努めます。

スタッフの心得

第1条
サービスの第一歩は、やさしく、謙虚に、「お待たせしました。」「ありがとうございます。」「ごめんなさい。」「すみません。」を笑顔とともに。
第2条
いつも穏やかな気分で過ごしていただけるよう、命令、禁止、比較は行わず、体調管理に万全を期す。
第3条
清潔で動きやすく、好感のもてる身だしなみで、常に笑顔の接遇を。
第4条
引継ぎは、15分ゾーンの中で確実に、会議は全員で1時間以内に。
第5条
緊急時の役割と手段を身につけ、すばやい対応を。
第6条
地域の方々との連携を大切にし、積極的にボランティアを受け入れ、また、ボランティアとして地域社会づくりへの協力。
第7条
積極的な資格取得で、自ら力量アップをめざす。
  • さくらではたらく。先輩たちへインタビュー
  • 採用情報