【社会福祉法人さくら福祉会(公式)】山形県で福祉事業を展開

RECRUITINTERVIEW
2016年入職 介護員齊藤 りえ
齊藤 りえ

さくら福祉会を選んだきっかけを教えてください。

なんといっても自宅から近い事!
以前一緒に働いていた知人でもある、尊敬しているナースがさくら福祉会で働いていることを聞き、また一緒に働けたらいいなと思っていたので、すぐに求人情報を見ました。
その内容を見ると、研修の機会も多く、法人内にはデイサービス、ショートステイ、特別養護老人ホーム、グループホームなど複数の施設サービスがありました。介護老人保健施設、グループホームは経験してきましたが、特別養護老人ホームの経験はなかったので、自分のスキルアップのためにもぜひ働いてみたいと思い応募しました。

さくら福祉会のどんなところに魅力を感じますか?

介護職員だけでなく、他職種の職員、時には事務の職員も介護業務に協力してくれるため、施設全体の職員一丸となって入居者様をサポートできる職場です。いざという時には助けてもらえるという安心感があります。
また、ご利用者の容態変化を把握できる介護ロボット(眠りスキャン)などの機器が充実していることで、仕事の大きなサポートになっています。

業務の中で、気を付けていることは何ですか?

現在2階のユニットリーダーを任されています。入居者様が暮らしやすいような環境作りはもちろんですが、そのためには職員同士のコミュニケーションが大切だと思っています。
悩みを聞いてもらえたり、相談のしやすい風通しの良いユニットを目指しています。
2階は若手職員が多いため、介護の仕事に苦手意識や先入観を持たないような指導を心掛けています。
法人のテーマである「人が人を笑顔にする」の意味を考えた時に、相手に笑顔になってもらうにはまず私が笑顔でいなくては!と気づきました。ありがたいことに、入居者様もご家族も「りえちゃん」と名前を呼んでくれます。いつも暖かく声をかけてくださる皆さんに良い意味で印象的な職員として記憶してもらえるように、いつでも笑顔を絶やさずに対応しています。

将来の目標を教えてください。

食事介助や入浴介助、排せつ介助などの身体介助はもちろん、レクリエーションやイベント行事などを行う中で高齢者介護について深く理解できてきていると感じています。
その経験を活かし、介護職員として更なるスキルアップを図るためにケアマネジャーの資格取得を目指しています。
入居者様の気持ちにしっかりと寄り添い、より質の高い介護サービスを提供できるようにもっと勉強や経験を積んでいきたいです。

  • さくらではたらく。先輩たちへインタビュー
  • 採用情報